SONY 初代ウォークマン TPS-L2 (FIRST WALKMAN) 1979

歴史的初代ウォークマン。すべての始まりはこのTPS-L2から。今見るとかなり大きいですが、このサイズで音もよかったので当時は衝撃でした。2人が同時に聞けるようにヘッドホンジャックは2つあり、オレンジのボタンを押すと内蔵マイクを使って会話が出来たりと先進的な機能が付いています。
内蔵スピーカーが無くヘッドホンでしか聞けないテープレコーダーを見たのは始めてでしたので、私自身は最初違和感を覚えました。しかし、このヘッドホン再生専用というスタイルは今はすっかり当たり前になりました。その点からも画期的なモデルだと思います。
平成22年10月、SONYがカセットテープ式ウォークマンの国内販売を終了したことを明らかにしました。時代の流れとはいえ寂しい限りです。


当時の販売価格\33,000
iPodと比較してもかなり大きい


私が所有しているこれらの初代ウォークマンを堀北真希・高良健吾・船越英一郎出演の映画「白夜行」の撮影用に貸し出しました。左側のものはガラスが割れており、これも撮影に使用されました。映画は来年の1月公開で、今から楽しみです。2010.8.19追記



なぜか初代ウォークマンを3台も持っております。「白夜行」の撮影に使用されたのは左の2台で、最初の写真の物もそうです。


珍しい初代ウォークマンCM
画像をクリックすると再生します。






↑ PAGE TOP